読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆる〜い糖質制限とヨガでデトックスしよう

ゆる〜く手を抜きながら、無理なくローカーボ生活

大晦日にポジティブ(笑)

レンタルコミックを良く利用するのですが😊

3月のライオン』を読みながら、ふと思った事を、したためておこうかなと思いました。

ここ近年では稀に見るくらい大事な事を感じた様な気がしたから

 

 

娘は3歳と8ヶ月。私、33歳の時に未婚で娘を産みました。別に不幸系の話では無くて、ただの事実です(笑)

しかも、実家からかなり離れた場所で一人暮らししていての妊娠だったので、家族で唯一理解のある父に妊娠した事を相談しました。

正直、30超えた妊娠だったので、結婚など出来なくても産みたかったからです。

すると、結婚すべき伴侶の居ない妊娠の為、事情の詳細をどう話そうかと、言葉が出ない私に、事情を全く聞かず、たった一言、即答で

 

『生みなさい。』

 

そう言うと、そっと昔の話をしてくれました。

私には弟がいます。実はもう1人兄弟がいたはずですが、家庭環境が厳しく、産めなかったのだそうです。私の母を傷付けてしまった事、それを背負わせる事になってしまった事を深く後悔しているから、お前(私の事)には、そんな想いをさせたくない、、、と。

大変な事は沢山あるかも知れないが、産めば、違う幸せがあったハズだ。と。

父も相当辛い気持ちを味わったのだと思います。

 

その後、産婦人科にも通うのが楽しみで(笑)

ワクワクで妊婦生活を満喫していました。検診の度にエコー写真を父に送りながら、その日は必ず電話をして(笑)大きくなってきたから嬉しいだの、身体が写ってるのが可愛いだの、報告するのが楽しみで

メロメロで甘々なじぃじになってしまいそうな父を想像し、幸せな気持ちでいっぱいでした。

6ヶ月検診のエコー写真を、きっと楽しみにしているだろう父に送った日、夜には電話しようとワクワクしていると、実家から電話が来ました。

 

父が仕事作業中の事故で意識不明

助かる見込みは無く、良くて植物状態と言う電話でした。

いやいや、助からないと解っていても、居ても立っても居られないので、住む場所を引き払い、飛行機の一番早い便を予約。

どうか、私が着くまでは保って欲しいと思っていたのも束の間で、私の到着を待たず、事故から次の日に亡くなりました。

 

メロメロ甘々な父を見る事は無く、娘もじぃじと呼ぶ事は無く、そっと雪に消える様に逝きました。

 

その後、実家に戻ってから、まぁ色々あるのですが(笑)それはどうでも良くて(笑)

 

毎年、季節の行事やイベントがあると、娘に必ず私、決まって言ってる言葉があるんです。

 

『ママのとこに産まれて来てくれてありがとう。

元気に育ってくれてありがとう。可愛くてたまらん(笑)ちゅっちゅ〜💋愛してるょ〜❤

自己主張激しいけど、ちゃんと自分の気持ちを言える貴女でいてくれてありがとう。

ママは宇宙1幸せです(笑)』

 

こんなカンジの事を年に1ヶ月に一回は言ってるのですが(笑)

今日寝る前、娘に言いながら、『3月のライオン』にあった内容をふと思い出して・・・

 

自分が、この幼い命に護られて生きていると気付いたんです。

父が他界した時、もし妊娠して無ければ

私は恐らく未だに独身貴族してると思います。自由奔放で天真爛漫なもので(笑)

 

父亡き後、独身貴族のアラフォー

自分の性格から考えて、自分を大切にする生き方して無いだろうなって

今楽しければ良いとか、後先考えないカンジが抜けないピーターパンか⁉️(笑)が許される歳じゃないのに、実家出てまたどっか行きそう(笑)

そう言う生き方も悪くないと思うけど、ナンダロ、わたしの場合、むなしく時間を浪費に使ったろうなと思って。

 

けれど、娘が居たから

大切にしようとか守ろうとか、育てようとか稚拙なりに頑張って、母乳良く出たので(笑)飲酒もせず妊娠してからタバコも嫌いになり、睡眠時間は赤ちゃんに合わせるので(笑)健康な食事と睡眠時間を自由に獲れました(*´σー`)エヘヘ

正直、旦那が居なくて良かったと思ったしまったくらい快適で(笑)それだけ母が頑張ってくれたからですが🙏優しい母に頭が上がりません(笑)

 

あんなに、自分を大切にしようと思った事無くて・・・娘を大切にするって、自分も等しく大切にする生き方なんだと、娘から教えて貰いました。

 

 

そう考えていたら

昔、父母が私の兄弟を産めなかった出来事が無ければ、もしかしたら出産を許して貰えなかったのかもしれないな〜って浮かんで来て

今まで生きて来て、沢山の出来事があって、自分の判断で出来事に善し悪しや白黒決めていたけど、全部この後の人生の布石になっていくのかもしれないな〜とか感じて

オセロの駒の様に、黒に決めつけて来た事、白になるのかもしれないと思って、幸せ感じたのです(笑)

 

将棋マンガ読んでて、表現がオセロって突っ込まれそうですけど(笑)

 

 

私、今年、色々と失敗に感じる出来事が沢山ありました。

時間は止まらないし、毎日も過ぎて行く。

一年の終わりだ、始まりだなんて、所詮人間が勝手に決めた定規ですが

 

今年の大晦日に

 

ポジティブに考えられて良かったな〜(笑)って思ったので、ブログに書いておきます😌

 

毎日の出来事が、未来への布石になる

 

素敵な未来に沢山の笑顔

 

必ずそこに辿り着く様に生かされてる

 

 

長々読んで下さりありがとうございます(^^)